小学生の通信教育について

通信教育の魅力にせまる

 知っておきたい通信教材の魅力とライバルを紹介
 「通信教育」を考えるなら 知っておきたい事を紹介します!

   通信教材長所と短所を知る
   次に 各通信教材の違いを把握する
   次に 通信教育のライバルを知っておく

 1番大事な事は
  「自分のこどもにあっているか?」という事
   親子で一緒に話し合って考えましょうね♪

通信教育について
  • ホーム
  • 通信教材の魅力



  • 通信教材の長所(メリット)

  • 受講費用
  •  → 学習目的に合わせた費用設定
        傾向として 受験や発展問題系は高いが、
        教科書レベル+α位の教材は種類が多く
        割安感の強い教材もある。 

     → 塾に比べだいぶ安い
       
        ※主要な通信教材の費用を見てみる
  • 自分の力で進める学習方法
  • 塾のように教えてもらう学習方法ではない
     ・ 自分のペースで「解く過程も大切」に
     ・ ポイントを見つけて勉強できるくせがつく
     ・ 学習配分を自分で決め 管理可能
     ・ 自分のちからで学ぶ達成感
     ・ 予習も復習も力に合わせて可能
     ・ 学力の把握がしやすい

  • 時間を大切にできる
  • 勉強スケジュールを親子で決められる
     ・ 好きな時間,曜日に都合よく勉強できる
     ・ 自分のペースでじっくり勉強できる
     ・ 予定の振り替えが簡単
    通わなくて自宅でできる(塾と比較)
    勉強を通した 親子の時間ができる

    場所を問わない学習方法
    国内外 地方でも同一内容
  • 時代にあった 最新の学習教材
    • 学習効率が高い
    • ・自分の学習目的にあわせた教材を選べる
      ・大手教育会社のノウハウがある
        → 研究されたカリキュラム
        → つまづきやすいポイントへの対応
        → やる気を引き出させる工夫
      ・教育情勢にあった最新教材
      ・中学受験や発展コースなどオプション
    • 家庭での学習習慣を身につけさせやすい
    • ・ポイントシールなど やるき^UPさせる工夫
      ・添削がある教材は 自分だけのアドバイスがある
    • 教材間のサービス競争(一部通信教材)
    • ・学習玩具やタブレット教材など
      ・通信教材の問題数が少ない解決
        →会員向け WEB問題
      ・分からない問題に対するFAX,電話サポート
      ・ネットを活用した授業
      ・添削問題を スピードネット返却
  • 教材・付録を再活用できる
    • 教材テキストに 記入せずにノートに書き込む
    • ・兄弟にまわす事が可能
      ・オークションへの出品


    通新教育のライバルについて

    家庭で学べる通信教育の良さもありますが、それ以外の教育方法もメリットある場合もあります。 ここからは 小学生向け通信教材の対抗馬的なモノを紹介します。どれが良い、悪いかではなく今の環境で最適と思われるモノを考えてあげられるといいなぁと思います。

    子どもの性格や学習目的によって変わってくると思いますが、長く続けていくためにも無理をせず、反応や感触の良いモノを選んであげることができれば最高です♪

    小学生向け通信教材の対抗馬

    インターネット通信を活用しているEラーニング関係は通信教育 ・教材に含まれるか線引きが分かりにくいモノがありますが 通信教材と教育の対抗馬となる学習方法を紹介します。
    高学年になれば塾に通う小学生も増えてきますが 4割には届かない調査結果があります。
    残りは家庭学習で頑張っているという事です。その中でも通信教育が大半を占めるのであろうと想像しています。
    もしも不都合ありましたら連絡頂ければと思います。

    学習方法の種類

    ※学校の宿題以外
    1. 塾・・・通信教材と塾を比べる
      • 進学塾・・・予習型で学力上位を狙う子向け
      • 補習型塾・・・学力真ん中で教科書レベル基礎
      • 総合塾・・・進学塾と補習型塾を兼ね揃える
      • 救済塾・・・教科書レベルを目標に
      • ネット塾・・・スカイプなどを活用し遠隔受講
      • 英語塾・・・英語専門、ネット活用、通信教材と併用など
    2. 市販の問題集・参考書・・・本屋さんで購入できる教本類でコスト小
    3. youtube・・・スタディサプリのように動画を利用する学習方法

    将来につながる学習教材

  • こども新聞・・・読売・朝日・毎日新聞など
  • 本・・・読書を通して読解力を高めたい!

  • 忘れてはいけない大事な勉強法

  • 教科書・・・音読と暗唱を通して勉強できる事もたくさんあります。
  • 学校の副教材・・・市販されていない学校用教材
  • 保護者のサポート・・・前向きな言葉、励ましは力になります。
  • 通信教育以外にもイロイロな勉強法がありますが教科書と学校からの教材はとても大切です。一日の大半を過ごす小学校での勉強を充実させることは学力向上に直結します。

    テストの結果だけではなく 使っているノートや教科書をチェックしてみましょう。
    学力向上のヒントがきっと見つかると思います♪
    通信教材の比較 通信教育(TOP) 通信教育の短所




    資料請求したい3つの教材