まなびwithについて


2020年新学習指導要領に対応する為に
開発された最新の通信教材


  キャッチコピーは
教育が変わる前に、変わろう。


教材の学習レベル
 非教科書準拠のためちょっと難しめ


・ 受講費は
 小学ポピーよりも高く
 進研ゼミよりも少し安め
 
そのわけは↓で紹介しています。


▼ まなびwithについて一言
これからの
 教育に合わせた教材
小学館の
 オリジナルカリキュラム
国語・算数以外の内容

小学館の
 オリジナルカリキュラムとは?


教科書に沿った内容を勉強する「教科書準拠」の通信教材ではなく、 学校の教科書進度と異なる勉強をする教材になります。

つまり、今日学校で習った事とは違う単元、内容を家で勉強する形になります。

学校と同じことを勉強したくない、新しいこと、知らないことを学ぶ事を楽しめる子、魅力に感じる子には最適です♪

メリット・デメリットはこちらで紹介しています。




▼ もっと詳しく
気に入っているところ
  • 最新版の通信教材
     2020年の新学習指導要領に対応
  • 小学館の教育ノウハウ、ブランド
  • 考える問題が多い

     →考える力を育てるような問題。
     →図形、思考の学習
  • 作文問題が充実
      →作文の添削問題が毎月ある
     →
  • デジタル教材もあり
  • 充実したサブ教材やサポート
  • 大事な部分は動画で解説
  • AI型のデジタル教材(オプション)
  • 担任制の通信添削がある
悩みどころ
  • 小学館オリジナルカリキュラム
     短期的な学校テスト対策は不向き
  • メイン教材が算数・国語
  • ドラえもんのキャラクタが無くなった。
  • 影山英男先生の監修でなくなった
  • キャラクタが微妙

ドラゼミよりも
 受講料が高くなった理由?!


大きく3つあると思います。

  1. 2020年の新学習指導要領に対応
  2. 新カリキュラム(思考)の追加
  3. ワークに連動した解説無料動画

 高くなった分の
  内容充実を信じてます。


▼もっと詳しく
スマイルゼミを比較する 通信教育(TOP) スタディサプリを比較




資料請求したい3つの教材