まなびwithの通信教材


まなびwithの感想

2019年4月小学館から
2020年からの新学習指導要領に対応する為に
開発されたオリジナルカリキュラムの通信教材です。
 つまり これからの教育に合わせた教材です。

キャッチコピーは「教育が変わる前に、変わろう。」
 学びの土台になる「自分で考える力」を育てます。

手書きを重視する教材ですが、
 反復用教材はデジタル教材も活用されます。  

 ※ドラゼミとどう違うの?なども紹介します。

「ドラゼミ」に替わる通信教育→まなびwith

  • ホーム
  • まなびwithについて

  • まなびwithの教材について

    はじめてのいちぶんのいち

    2019年4月開設の小学館の通信教育でドラゼミの後継になる教材です。
    これまでのドラゼミとどう変わったのか?教材中身や内容は?
    ドラゼミを監修をしていた影山英男先生の関わりがなくなってどうなっていくのか?
    気になる点がたくさんあると思います。
     そのあたりを中心に できるだけ分かりやすく紹介していきます。
     実際にドラゼミに比べ 月額料金が高くなっていますし…


    ■教材について

    1番大切な中身ですが、小学館のオリジナルカリキュラムで構成されています。
    つまり学校の教科書進度と異なる勉強をする教材になります。

    その他の特徴ですが、
    • 担任制の通信添削があります。
    • メイン教科は国語と算数
        ※理科・社会は毎月ではありません。
    • 作文、図形、思考の達人ツールが特徴
    • 考える力、ひらめく力、伝える力を高める問題が多い。
    • 紙教材がメインですが、反復学習はデジタル教材あり
    まなびwithの気になるところ
    学校の授業とは違う事を家庭で学ぶ。
    この点についてどう考えるかが重要だと考えています。
    進研ゼミ、Z会(一部)スマイルゼミ、小学ポピーなどは
    授業や教科書に沿った内容で勉強していきます。

    ■教材の中身

    毎月届くもの
    • ワークブック(国語・算数・思考の達人ツール)
    • 添削テスト
    • 英語テキスト
    • 会員誌
    学習サポート・その他
    • 特別教材
    • パズルや辞典
    • ワークブック理科、社会など
    • サポートコンテンツ
    • プリントダウンロード
    • まなびチャンネル映像説明
    • 学習ゲーム
    • デジタル版・図鑑NEO
    • デジタルライブラリー(学習漫画など)


    ■受講料について

    毎月払いの場合
    ↓まなびwithの受講料(消費税8%込)
    1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
    3,618円 3,672円 3,942円 4,590円 5,130円 5,454円
    ↓ドラゼミの受講料(消費税8%込)
    3,333円 3,333円 3,657円 4,089円 4,413円 4,737円
    ↓まなびwithの受講料をドラゼミ受講料と比べました。
    差額+285円 差額+339円 差額+285円 差額+501円 差額+717円 差額+717円
    +約8.55% +約10.1% +約7.79% +約12.2% +約16.2% +約15.1%
    ※他に半年払い、年払いが用意されています。→詳しくは公式サイト

    ドラゼミと受講料を比べると高くなっています。
     学年により異なりますが、約7%~15%と結構な割合。
     これってどうなの?高くなった分 良くなったの?
     誰もが思うその疑問!!!
    調べて分かった事をこれから紹介していきます。

    ドラゼミと比べて良さそうなところ

    毎月の受講料が高くなった理由と考えていい項目もあります。
    • 対応)2020年からの新学習指導要領に対応
    • 追加)新カリキュラム・・・思考というカリキュラムが体系化
    • 無料)ワークに連動した解説動画が無料・・・これまでは有料でした。

    • ▼ 他にもあります。
    • 充実)作文,読解,文章題の図化,図形に力を入れている。
    • 充実)論理的思考力を育てるパズルのような問題など
    • 充実)数では測れない力への対応
    • 変化)教科ごとの専門監修者になった。
    • 追加)英語教育・・・ネット映像や英語学習ゲーム教材
    • 追加)オプション教材;算数特化のAI型教材「withQubena」
    • 追加)教材ダウンロードコースの展開・・・海外対応
    • 追加)アナザービジョンによる謎解き問題
        ※東京大学の学生を中心とした謎解きサークルの問題
    • 追加)名探偵コナンがでてくる『ナゾトキ』

    これまでとよく似ている点

    • 小学館オリジナルカリキュラム
    • 作文や図形問題が豊富
    • 月1回の添削指導

    判断に迷うところ




    思考の達人ツールについて

    思考の達人ツール』とは、
    自分の考えを整理しまとめて深めるために使うツール・問題のこと。

    簡単に言えば、考えるワザを身につける練習」をします。
    ※ちなみにこのツール、特許出願中との事で期待が高まってしまいます。

    ↓思考の達人ツールサンプルとして 下記のような図が紹介されています。

    内容や難しさが気になってしまいますが、 このような考えはとても素敵ですよね♪
    今回、小学館の通信教材のカリキュラムに取り込まれたことを信じ大いに期待したいところです。
    公式サイトまなびwith

    ※最新情報・最終確認は公式サイトで確認して下さい。


    このページの先頭に戻る