いちぶんのいちの通信教材


いちぶんのいちの感想

1967年から続いている昔からある教材で
無駄を省いて 月820円という受講料で有名な家庭教材

 付録などはなく 地味な教材なので
 低学年のうちは 特に親が一緒に頑張る必要だと思います。
 「進研ゼミ」みたいに賞品でつる事ができませんから・・・
 もちろん添削もありません。

教科書にあわせた学習レベルと学習量が
 ご家庭により好みが分かれると思います。

※公式サイトは→いちぶんのいち

  • ホーム
  • いちぶんのいちについて

  • いちぶんのいちの通信教材について

    はじめてのいちぶんのいち
    小学生のメイン教材は 2種類
    教科書対応版
     教科書の内容・進度にあわせたプリント
    すきっと版
     基礎的な学習を中心のプリント
    どちらも「毎日1枚なら頑張る」学習量になっています。
    公式サイトでは
    教科書対応版+基礎力・応用力のすきっと版、がんばれる人は両方やってみよう!
    紹介されています。

    ■各コースのプリント枚数(小学1年生〜6年生)
      教科書対応版A4・国語10枚、算数13枚 問題・説明各23枚
      すきっと版A4・カラーの問題プリントで 国語11枚、算数12枚 問題
       ※英語・理科・社会のプリントも別に用意されています。

    いちぶんのいちの通信教材の特徴

    付録はいらない無駄を省いたシンプルなプリント問題で、
      1日1枚20分の積み重ねで学習し学習する力を身につけていきます。
       問題と解答プリントが同じ大きさで、答えあわせがしやすいのが◎

    添削はありませんが、教科書やプリントの中の疑問や質問に直接電話できる
    会員専用の「質問ダイヤル」が利用できます。


    教材サンプルはある?
    ホームページで教材プリントのサンプルも掲載されていますが、
     いちぶんのいちでは  最初のプリントが届いてから、1週間以内に辞めると連絡すれば
     費用負担なし・返送不要で解約できる1週間思案システムというモノがあります。
      無料で解約でき、教材の返送も不要というのがいいですね♪

    シンプルな教材
    親的にはシンプルで内容も分かりやすく勉強に専念できると思っていたのですが、進研ゼミのような教材に努力していく為のご褒美がないのと地味なプリントなので親が協力しないと子供は飽きてしまうかもしれません。  
     ※あくまでも主観です。

    費用について くちこみ・感想情報
    教材見本についてはいちぶんのいち公式サイトいちぶんのいち

    ※最新情報・最終確認は公式サイトで確認して下さい。


    このページの先頭に戻る