通信教材の短所

通信教育について 学習方法はイロイロありますが、
 「通信教育」を選ぶなら おおきく下記2つは確認しておきましょう。

   このページで通信教材短所を知ろう
   次に 各通信教材の違いを把握しよう

 1番大事な
  「自分のこどもにあっているか?」という事です。
   親子で一緒に話し合って考えましょうね♪

 ここでは その知っておきたい通信教育の短所を紹介しています。


  • ホーム
  • 通信教材の短所

  • 通信教材の短所(デメリット)


  • 自宅で集中して勉強する環境が必要
    • 部屋の環境、保護者の協力が必ず必要
    • ・勉強の大切さが分かる年齢でないと集中力は環境に大きく影響
      ・兄弟によっては騒がしく勉強に集中できないかも?!

  • 競争心や危機感を感じにくい
    • ライバルを感じにくい(塾に比べ)
    • 相対的な学力状況や実力がわかりにくい
    • ・通信教材の中には 順位が分かる学力テストを実施しています。
    • 地域の塾では様々な情報が入ってくる

  • 子供まかせでは×
    • 教材がいくら良くても正しい使い方が必要
    • 学習スケジュールを考える必要がある
    • ・家庭内でも提出期限を設けるなど工夫を考える
    • 低学年のうちは採点にも親の協力が必要
    • ・最新のタブレット学習なら採点もお任せ♪

  • 通信教材の中身
    • 難しい・分からない問題を解決しにくい
    • 教材目的が こどもにあっていないとデメリットばかり
    • ・各教材の比較でどれが良いかもう一度考えてみる
    • 添削テストの場合結果が帰ってくるまで時間がかる
    • ・ネット返却ならスピードUP♪
    • 付録などに興味が移る子も・・・
    • ・付録がない通信教材もありますよ♪
      ・通信教材と同じカリキュラム、内容にするのには至難の業
      ・サポート内容などが違う。

  • 本屋さんにある学習ドリルと比べると高い
    • 通信教育だと必要度が低いモノも含まれる



    通信教育の長所 通信教育(TOP) 各通信教材の比較




    このページの先頭に戻る