チャレンジタッチの嫌いな所



チャレンジタッチの評判と感想

今の時代 こういう勉強スタイルを待っていました。
タブレット使った勉強方法 の『チャレンジタッチ
 勉強の楽しさをデジタルで表現しようと挑戦しています。

これまでの紙の学習方法のいいんですが、
 この学習方法に恩恵をうける子 多いと思います。
 ライバルの「スマイルゼミ」とよく比較されます。

 こどもの目が輝く教材→ 進研ゼミ小学講座

2016年 i padを使う勉強スタイルが加わり選択が増えました!


  • ホーム
  • チャレンジタッチについて
  • チャレンジタッチの嫌いな所



  • 友達

    チャレンジタッチの
      好きな点と嫌いな点を紹介しています。

       → 好きな点

       → 嫌いな点

    チャレンジタッチの嫌いな所

       新しくはじまったばかり 当然 良い面ばかりではありません。
       実際に受講してみて気づいた点を中心に紹介します。
        →これから変わっていく事を願います。
      
    ■ボリュームが少ないとの声
     →手書きでない問題の場合 タッチひとつで進む場合もあり。
    ※受講した感想ですがポイントを押さえた取り組みやすい量、集中できる量で、学校の宿題や勉強課題も考えると適量と考えていいのではないかと思っています。従来のチャレンジでも内容量が特別多いという訳ではありませんし・・・。
    量より質でどれだけ頭の中で イメージし考えてくれるかを重視したいと思っています。
     また過去の単元も復習できるので 使える教材資産としては◎

    ■間違えても すぐに簡単にやり直しが可能
     →進めたい思いで 適当に当てずっぽに答える可能性がある。
     →紙教材だと 字など見て丁寧さが分かるが タブレットの場合は判別不能

    ■場所や姿勢を問わず勉強できる
     →リビングや勉強机など定位置でして欲しいが・・・変な所でも勉強可能
     →ある程度正しい姿勢で勉強して欲しいが・・・寝転んでも可能

    ■専用のタブレット
     →兄弟がいたら羨ましがられ 触りたがられ 喧嘩の原因に・・・

    ■学習以外のコンテンツ
     →ハトさんメールやカメラなど勉強以外の事にも興味が・・・
      ※制限も可能ですが、小学1年生には刺激的です。

    ■過去問題の取り組みに期限が設けられている
      →受講した前年度学年までのメイン教材の利用が可能 (2学年前は不可)
      →中学になった時も 一定期限で消えてします。

    ■勉強する時は必ずネット環境が必要

    ■赤ペン先生関係
      →赤ペン先生が毎月つかない
        理由)毎月テストやまとめがあり、学習後 その場で採点、
            解説するサービスで学習内容を定着させられる為
      →赤ペン先生が担任制ではなくなる
      →赤ペン先生問題の返却がネット返却のみとなる。
      →努力シールのたまりが遅い
    「赤ペン先生の問題」は、必要な節目 年3回に届きます。
     ※単元網羅型でなく、「書く」を重視した出題・指導になります。

    ■その他
      ・より発展的な学習をしたい場合 選択肢がない (オプション講座で対応)
      ・学習付録がない
        →ただし、ほぼ毎月体験型アプリがタブレットに配信されます。
      ・保護者向けの冊子がない
        →保護者向け情報サイト「チャレンジ通信.net」で提供
      ・毎月 教材が届く楽しみがなくなる。(ネット配信は25日)
      ・目が疲れそう
      ・タブレットが壊れたら有償対応(サポートあり)
      ・チャレンジタッチだけの受講の場合『チャレンジWEB』が利用できない




    勉強方法 チャレンジタッチの解説一覧 受講料と支払方法
    チャレンジタッチの体験は進研ゼミ小学講座


    このページの先頭に戻る