チャレンジタッチの好きな所と嫌いな所



チャレンジタッチの評判と感想

今の時代 こういう勉強スタイルを待っていました。
タブレット使った勉強方法 の『チャレンジタッチ
 勉強の楽しさをデジタルで表現しようと挑戦しています。

これまでの紙の学習方法のいいんですが、
 この学習方法に恩恵をうける子 多いと思います。
 ライバルの「スマイルゼミ」とよく比較されます。

 こどもの目が輝く教材→ 進研ゼミ小学講座

2016年 i padを使う勉強スタイルが加わり選択が増えました!


  • ホーム
  • チャレンジタッチについて
  • チャレンジタッチの好きな所



  • 友達

    チャレンジタッチの
      好きな点と嫌いな点を紹介しています。

       → 好きな点

       → 嫌いな点

    チャレンジタッチの好きな所

       楽しい勉強方法」 →こどものやる気と 記憶に繋がると考えてます。
             タブレットの特徴に チャレンジからのノウハウが加わった注目の教材
             紙の良さを活かした教材も年に数回送られてきます。


      学習面
    ・動画や音声で学習内容を理解しやすい授業形式
    ・自主的に取り組む仕組みを数々導入
      →タブレットからの応援 (コラショなどから・勉強スタート時間のお知らせ機能)
      →集中しやすい各単元量(ボリュームが少ないとの声もあり)
      →親の干渉も少なくなりやる気アップ?!
      →勉強した分 ごほうびコンテンツあり 
    ・ペンを使って書く学習を重視
    ・デジタル教材なので 繰り返して勉強しやすい
    ・採点が自動化されているので 結果がすぐに分かる
    ・間違えた問題だけ取り組める 「まちがえた問題をやる」ボタンがある
    ・英語ではネイティブな発音も聞ける


      サポート面
    ・保護者用「おうえんネット」サービスあり
     →こどもの取り組んだ箇所や点数のメール連絡やWEB確認
       (週ごとの取り組み状況、月次の成績表の提供なども)
     →こどもへの応援メールをタブレットに送れる。
    ・学習すればするだけ
    ・タブレットはチャレンジ関係以外利用できない専用仕様


      その他
    ・デジタル教材が散らからず 片づけやすい
    ・年に数回 紙教材もある(赤ペン先生やコース別ドリルなど)
    ・半年受講すればタブレットが無料でもらえる

    【保護者からの感想】
    上2人の時は 従来の紙のチャレンジで、勉強の促しから 分からない所のサポート、丸付けや採点までつきっきりでした。
     時間があり、うまくいく時はいいんですが、なにか歯車が噛み合わない時 感情的になってしまう事もあったので嫌な思いをしたことがありましたが、チャレンジタッチの場合 こどもが自ら勉強し タブレットに教えてもらい、丸付けしてもらうようになったので 親の出番が一気にすくなくなり楽ちんになりました。
     少し余裕でた分 学校の提出物やテスト対策に協力するように心がけています。今は自宅での自主学習はチャレンジタッチにお任せしようと考えています。

      


    勉強方法 チャレンジタッチの解説一覧 チャレンジタッチの嫌いな所
    チャレンジタッチの体験は進研ゼミ小学講座


    このページの先頭に戻る