チャレンジタッチの使用感想



チャレンジタッチの評判と感想

今の時代 こういう勉強スタイルを待っていました。
タブレット使った勉強方法 の『チャレンジタッチ
 勉強の楽しさをデジタルで表現しようと挑戦しています。

これまでの紙の学習方法のいいんですが、
 この学習方法に恩恵をうける子 多いと思います。
 ライバルの「スマイルゼミ」とよく比較されます。

 こどもの目が輝く教材→ 進研ゼミ小学講座

2016年 i padを使う勉強スタイルが加わり選択が増えました!


  • ホーム
  • チャレンジタッチについて
  • チャレンジタッチの使用感想


  • チャレンジタッチの使用感想

    さすが 小学生の教材ノウハウがあるベネッセが作るタブレット教材だけあって こどもの食いつきがすごい♪目が輝きました。

    アニメーションの説明や解説、正誤した時の仕掛けなど子どもの好奇心ややる気を引き出すのが非常にうまい作りだなぁと感心してしまいます。


    正直 学校の授業についていない子や勉強に興味がない子でも この方法なら 勉強を楽しめる可能性があるクオリティだと思います。
    やはり無料の学習アプリやソフトとは雲泥の差です。


    お陰様で小1になる我が子も・・・保護者みたいにガミガミ言わないし 楽しんで学んでいます。
    これで学力がついてくれるとホントいいですね♪長い目で期待してます。

    感覚的には チャレンジタッチ=ちっちゃいけど頼れる専属家庭教師みたい♪


    肝心のタブレットですが、操作はもちろん簡単で小1でもすぐに慣れます。
    ただデジタルなんで 適当にタッチしたり 書いてもそれなりに進んでいきます。 もし、間違えてたとしてもタッチひとつで簡単にやり直しできるので 間違えたら正解はこっちだろう的な考えになってしまわないか?心配してしまいました。

    チャレンジタッチは最初が肝心だと思います。
    デジタルだからこそ丁寧に回答する癖をつけるようにしたいと思います。

    我が家ではチャレンジタッチを使う上で 大切にしたいルール決めました。

      ①チャレンジタッチは勉強する端末だという事を自覚させる事
      ②タブレットを大切に扱う事
      ③正しい場所と姿勢で取り組む事

       ※使っているうちに新たにルールでてくれば 再度UPします。




    公式サイトについて チャレンジタッチの解説一覧 届いた日
    チャレンジタッチの体験は進研ゼミ小学講座


    このページの先頭に戻る