ハイブリッドスタイルを比べる

   紙教材とタブレット教材 迷っている方にぴったり!

2018年3月号で終了しました。

新サービスで動向を楽しみにしていたので
まさかのサービス終了に驚きました。

サービス終了の理由はわかりませんが、
ライバル教材の勢力拡大や、
進研ゼミ既存サービスとのすみ分けなどと想像します。

今後は紙教材と
 専用タブレットのチャレンジタッチの2種類ですかね?

 最新情報は公式サイト→進研ゼミ 小学講座
  • ホーム
  • 進研ゼミ ハイブリッドスタイルを比べる






  • ここでは「ハイブリッドスタイル」を
      主要な他のデジタル教材と比較します。
    タブレットの比較

      

    チャレンジタッチと比べる

     ・チャレンジタッチは ほぼデジタル教材専門
     ・学習レベルは教科書準拠なので同じ
     ・専用のタブレットで勉強できる
     ・学習習慣を身につけるのにぴったり
     ・体験教具がない
     ・チャレンジタッチ専用 デジタル小学生新聞受講可能
     ・赤ペン先生は年3回のみ。
     ・ペン入力方式が違う。(感圧式で3DS用のタッチペンでも代用可能)

    「スマイルゼミ」と比べる

    継続する学習習慣を身につけるの工夫がある教材だと思います。
    大手通信教材にチャレンジする勢いを感じます。


    ・デジタル教材専門のスマイルゼミ
    ・2パターンある学習レベルは 教科書準拠+発展応用
      →学力に応じたレベルを選択できる
    ・顧客満足度 全5部門No.1の英語学習
    ・使いやすい専用のタブレットで勉強できる

    ・体験教具がない
    ・外でも利用できるお出かけモードがある
    ・漢検・計算ドリル搭載
     →漢検の10級〜2級に準拠したドリルを搭載
    ・最適な学習課題を毎日自動生成
    ・家族限定で使えるLINEのようなコミュニケーションツールがある
       




    受講料と支払方法について 解説一覧 教材について
    ハイブリッドスタイルは2018年3月号で終了。最新情報は進研ゼミ小学講座


    このページの先頭に戻る