進研ゼミプラス ハイブリッドスタイルについて

   紙教材とタブレット教材 迷っている方にぴったり!

ベネッセが提供する新サービス
紙教材とデジタル教材のいいとこどりを可能にした教材
よくあるスマホやタブレットの
 効果的でない無料学習アプリとは違います。

キーワードは
 「子どもの理解度に合わせた学習内容」
 「取り組みやすさ」
 「つまづいた時のサポート」

ベネッセの教育ノウハウをつぎ込んだ
 学習教材の開発とサポート力の大きさを実感 (^^♪

 選択が豊富で魅力♪→進研ゼミ 小学講座
  • ホーム
  • 進研ゼミ ハイブリッドスタイルの特徴


  • ハイブリッドスタイルの長所と短所

    勉強スタイル
    紙教材の良いところ、デジタル教材の良いところを組み合わせ
     ベネッセの教育ノウハウで作られた このハイブリッドスタイル

     いいことづくめな気がしますが、長所と短所はやはり存在します。
      ハイブリッドスタイルの長所と短所も入会前に確認しておきましょう♪


    長所

    ・紙教材とデジタル教材が学べる
     →紙の教材だけ、デジタルの教材だけではできなかった事ができるようになる。
     →理解度に応じた個人別レッスンプログラムがある
     →デジタル教材は前の号の学習も可能
    ・ サポート・ヘルプディスクが充実
     電話だけでなくWEB、動画など
    ・ 赤ペン先生がある
    ・ ipadの操作が学べる。
    ・ 努力賞制度
      →オリジナルスタイル・チャレンジタッチからも引継ぎ可能
    ・ こどもの学習状況が把握しやすいサポートがある。
    ・ 保護者向けの教育情報が充実(紙面&WEB)
    ・ 個別の学習の悩み相談も可能(電話・対面)

    短所

    ・初期設定が複雑?(ipadの設定、基本アプリや教材アプリのダウンロード)
    ・ipadが必要
    ・ipad、ネットを利用する教育や家庭内ルールを作る必要がある。
    ・iPadの「機能制限」アプリインストール制限や課金制限を検討する必要がある。
    ・兄弟でipad1台を利用する場合、IDやパスワードを毎回切り替える必要がある。  
    ・iPadと常時接続の無線LAN環境が必要 

    実力診断テストは全国規模の学力診断です。
     小1は8月・3月号
     小2・小3は8月・12月・3月で実施します。
    教科について 解説一覧 受講料と支払方法について
    無料おためし教材と資料の申し込みは進研ゼミ小学講座


    このページの先頭に戻る