進研ゼミプラス ハイブリッドスタイルについて

   紙教材とタブレット教材 迷っている方にぴったり!

ベネッセが提供する新サービス
紙教材とデジタル教材のいいとこどりを可能にした教材
よくあるスマホやタブレットの
 効果的でない無料学習アプリとは違います。

キーワードは
 「子どもの理解度に合わせた学習内容」
 「取り組みやすさ」
 「つまづいた時のサポート」

ベネッセの教育ノウハウをつぎ込んだ
 学習教材の開発とサポート力の大きさを実感 (^^♪

 選択が豊富で魅力♪→進研ゼミ 小学講座
  • ホーム
  • 進研ゼミ ハイブリッドスタイルの特徴


  • ハイブリッドスタイルの教材について

    他の教材と違い、デジタルと紙の2種類あるのが最大の特徴
     従来のチャレンジと、タブレット専用端末のチャレンジタッチのメリットとデメリットを
     補完しながら発展させた結果のスタイルと考えています。


    注目されているタブレットを利用したデジタル教材が気になっている
     保護者さんやお子さんにはぴったりかと思います。

    デジタル教材も「授業」や「練習(基礎)」、「挑戦(応用)」と、
    理解度やペースに合わせ学習レベルを選択できるようになってます。
    学習時間は、 デジタルレッスン1回約15分/確認チャレンジ1回約10分が目安です。
    ※「個別復習ドリル」は2レベル
    またメイン教材の他に、学年を超えて漢字計算の学習ができるアプリもあります。

     ※ 学習履歴は「進研ゼミプラス」のサーバーに
       保管されているので機種変更しても ログインするだけでデータ引継ぎも可能です。

    ハイブリッドスタイルの教材の難点として
    みなさん気になるのが、デジタル端末としてipadを利用する事が多いです。
    もともとipadを所有していたらいいけど、持っていなければ、
     購入か、レンタルする必要があるので、余分な出費を考える必要があります。
    ちなみにレンタルできるのは ipad air(2,480円/月)かipad mini2r(1,980円/月)

    もちろん紙教材は毎月郵送されてきますが、デジタルデータ(教材)は
    毎月インターネットを介して配信されるので家庭内ネットワーク環境も必要です。

    また ハイブリッドスタイルを退会する時の注意
    辞めるまでに受講したデジタル教材ですが、最終受講月の翌月末まで利用可能。
    (例:5月号で退会した場合は6月末日)
    最終受講月の翌月末を過ぎると、過去学習分も含めてご利用いただけなくなるので注意

      

    特徴について 解説一覧 教科について
    無料おためし教材と資料の申し込みは進研ゼミ小学講座


    このページの先頭に戻る