小学生通信教育の特徴比較

通信教育について

ここでは「小学生向けの通信教育を受講」するか
 「塾に通うか」を考え検討している方に役立つ それぞれを比較できるページです。
自分の経験と 今の通信教育と塾の現状を考えてながら作成しました。

低学年のうちは通信教育の方が 圧倒的に人気があり受講者数も多いですが、
 高学年になればなるほど 塾に通う子も増えてきます。
 どちらも一長一短あるので 塾に通いながら通信教育も受講するケースも増えてきています。

ちなみに高学年になれば 「Z会」は 1教科からでも受講できますし、授業形式なら「スタディサプリ」がオススメです。




「小学生」の通信教育と塾

よく聞くのが 高学年になってくると
  通信教育を続けるか 塾に通うかを考える人が増えてきます♪
  そんな時に役立つ 塾のメリットデメリットを紹介します。

  塾のメリット
  • 勉強に集中でき、競争できる勉強環境(時間と空間)がある
  •   → 先生や友達・ライバルとの勉強関係が構築できる
  • 塾から 最新の情報&地域の受験ノウハウが入ってくる
  •   → 地元ならではの学校情報やテスト・入試対策など細かな対応
  • 分からない所を目の前で教えてくれる
  •   →教えてもらいやすい環境
  • 実力に応じた進路の相談ができる
  •   → 学校とは違う進路相談ができる
  • 学校外で友達と会える
  •   → 子供にとっては大事なようです・・・
  塾のデメリット
  • レベル・指導方法が合わない塾だと成績が伸びない
  •   → 塾も色々あります。塾に入れば かしこくなるというのは間違い
  • 受講費用が高い
  •   → 通信教育に比べて高いのは当然で 塾の中でも進学系、個別系は特に高い
  • 決まった曜日、時間に通塾する必要がある。
  •    → 子供への負担や 他の習い事などの事を考える必要がある
  • 講師や教室の雰囲気
  •   → 塾や学年により異なるので  春季・夏期・冬季講習などを参考にする
  • 自分だけのカリキュラムでない
  •   → 個別塾でない場合 塾のカリキュラムに従って勉強する。

■ ぜひ学習塾の比較検討にお役立てください。
通信教育の長所を見る→   



通信教材受講料で比較 通信教材一覧(TOP) 通信教材の内容を比較


このページの先頭に戻る